• マーチングバンド部 環太平洋大学

マーチングバンド部 7期生卒業


本日3月14日(土)IPUグローバルキャンパスで2019年度卒業証書 学位記授与式が行われました。

例年であればもっと広い会場で行われるのですが、

新型コロナウィルス感染防止のため規模を縮小しての開催。

大学職員の方や先生方が「少しでも卒業式に近い形で」という想いで作り上げられた式となりました。


感染を防ぐため部員は会場に行けませんでしたが、監督とコーチのみ会場に行き、

全員ではありませんが4年間頑張ってきた卒業生に会う事ができました。


今回のこの状況を目の当たりにして改めて「いつもある当たり前は当たり前でない」ということを強く痛感しています。

ウィルスがここまで拡大するまでは私自身も「いつも通り」卒業生を送り出せると思っていましたが、それは当たり前ではないのだと実感しました。


実はコーチである私自身も数年前にIPUマーチングバンド部員として在籍し、卒部・卒業を経験してきた人間です。

この卒業の日が苦楽を共にしてきた同期や後輩のメンバーと「いつも通り」会える最後の日であることも知っています。

それだけにウィルスという敵を前に同じ経験をさせてあげられなかった事が悔しいというのが今の正直な気持ちです。


卒業したメンバーは今日を境に別れの言葉が「また明日」から「またいつか」になってしまいますが、IPUマーチングバンド部はみんながいつでも帰ってこれる場所としてこれからもあり続けます。

これからしばらくは帰ってこれないかもしれませんが、いつでも練習場に顔を出しに帰ってきてください。


今日卒業したメンバーが一人でも欠けていたら今年度のショー「Rocky」も「第8回定期演奏会」も完成しませんでした。

今回の件も含めて楽しいことだけではなく、苦い経験もたくさんしてきたと思いますが、

この4年間で得た経験やそこで感じた気持ちを大切に、社会に出ても頑張ってください。




そして最後にIPUだけでなく、全国で同じように卒業式や演奏会が中止になってしまった団体や学校がたくさんあります。


一刻も早いウィルスの終息を祈ると共に、感染が広がらないようIPUマーチングバンド部でも手洗いなど感染予防を徹底していきます。









IPUマーチングバンド部 7期生 28名のみんな

本当に4年間お疲れ様でした。

卒業おめでとう。


7期生を支えてくださった皆さん、本当にありがとうございました。















0回の閲覧